ジャガイモカービング

ベジタブルカービング

 

 

お盆休みも明日1日となりましたが、いかがお過ごしでしょうか?

 

札幌は雨続きなので、外の行楽地へお出かけできないのがちょっと残念です。

 

 

カービングしたジャガイモでフライドポテトをつくりました。

 

好みにもよりますが、フライドポテトに向いているジャガイモは水分が少なくて、ほくほくとした触感の『男爵イモ』。

 

今日はこの男爵イモをカービングしました。

 

『男爵イモ』は『メークイン』などに比べ、比較的まるっこい形をしているので、その形を生かした丸めの葉っぱにカービングしています。

 

そして、カービングする際の注意点は、ジャガイモをやや厚め(5~6ミリくらい)にスライスすることです。

(厚めに切ると、葉脈としてカットする部分がやや彫りにくくなりますが、がんばりましょう!)

 

薄すぎると揚げている最中に崩れてしまったり、揚げた直後はカリカリでよいのですが、時間が経つとしなっとなり、破けてしまいます。

 

カービングした際にでる、半端なジャガイモは茹でて潰しマッシュポテトにすると無駄なく消費できます(#^^#)

 

イベントで使用するための写真を撮った後は、子供たちが「待ってました!」とばかり、ものすごい勢いで奪っていきました(*_*;

 

ジャガイモ4こ料理したのに、口に入ったのは2切れだけでした。

 

悲しい( ;∀;)